不用品回収という仕事の収入

>

自分で処分出来る不用品はあるのか

自分で処分が可能なものは

まずは、自分でも処分が出来るものについて見ていきたいと思います。

自分で処分が可能なものは、比較的小さなものが挙げられます。
例を挙げると、洋服類やCD、本類や化粧品類、そして食器類などがあります。

では、どんな処分方法があるのでしょうか。
少し紐解いていきましょう。

よっぽど汚かったりボロボロのものは、そのままゴミとして捨ててしまっても構いません。
ただし、燃えるゴミと燃えないゴミとの分別はきちんとしておきましょう。
まだ使えそうなものやきれいなものは、誰かにあげたりお店やネットで売りに出すという手があります。
このように、さまざまな処分方法が存在していますので、ご自分の好きなやり方で処分していけばいいと思います。

自分での処分が難しいもの

ではその逆に、自分での処分が難しいものや自分で処分するのは禁じられているものを探っていきましょう。

先ほどのページで、自分で処分が可能なのもは比較的小さめなものだということをお書きしました。
ではその反対に比較的大きめなものはどうなのでしょうか。
答えは、自分での処分はほぼ不可能ということです。

いわゆる大きめなものと聞いて、思い浮かぶのはやはり家具や家電類だと思います。
ベッドや本棚、TVやパソコンなどとたくさんあります。
これらは処分の際に、プロによる所定の手続きが必要になっていきます。
もし、それをせずに自分で勝手に処分をしたらどうなるのでしょうか。
もちろん、然るべき罰則が待っているので、要注意です。


Share